ノアトロ定食

noatoro.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 09日

ツボ押し習慣。

週末はmasumiさん&みうさんと女子3人で横浜デート。
すっごく楽しくって気が付けば終電も逃してしまうほど夢中でおしゃべりしてしまったのだけど、
みんなシニア犬と暮らす身だけあって、ついつい話題は病気や健康のことになりがち。
でも、いろいろ情報交換できるお友達がいるのはほんとに心強いなって思う。

ノアが定期的に鍼&カイロプラティックの施術を受けるようになって約4ヶ月。
特に明らかになっている病気や不具合があるわけではないのだけれど、加齢で軽い関節炎の兆候もみられるし、もともとの太れない体質や慢性的な外耳炎など、少しでも体質改善ができたらいいなと思ってます。
そして、毎日の習慣に加わったのが先生に教えて頂いたツボ押し。
消化機能の向上、外耳炎の症状軽減などを目的に、10個程度のツボを各箇所10~20秒程度、指圧します。
主なツボは↓こんな感じ。

  ●曲地(きょくち)=上半身から熱を払う
  ●合谷(ごうこく)=頭部の疾患を治す
  ●肝兪(かんゆ)●脾兪(ひゆ)●腎兪(じんゆ)=消化器系の機能を高める3つのツボ
  ●百会(ひゃくえ)=体の「陽気」を高める
  ●三陰交(さんいんこう)=脾臓、肝臓、腎臓の動きを活発にし、体重減少を食い止める
  ●太衝(たいしょう)=肝臓を強化して、気の流れをよくする。熱を解消させる
e0038241_013170.jpg


私自身、20代の後半から30代の初め頃、ひどい腰痛に悩ませられていたときに救って下さったのが、ある鍼の先生。
何年も苦しんでいた腰痛が、通っているうちにいつの間にかすっかり治ってしまい、以来再発もせず。
先生との相性も良かったのかもしれないけれど、体質ごと改善してくれる力が東洋医学の分野には秘められているように感じます。

ノアにもいい影響があれば嬉しいのだけれど。


さて、ノアがやってもらっていることは何でも「あたちも!」状態のリーたん。
今やすっかりツボ押しがお気に入りでして。
「ツボやる?」と親指を見せると、スタっと背中を向けてスタンバイ。
e0038241_0114111.jpg


途中から、完全にデロデロ状態(≧∇≦)
e0038241_0134827.jpg
お腹が緩んでいて少し調子が悪そうなときなど、消化器系のツボが即効で効く感じ。
トイレに行きたいんだかお腹が痛いんだか、そんな感じで落ち着きがないとき、ツボを押してあげるとすごく気持ち良さそうに寝てしまいますもん。


そして、もちろんこの方にも、毎日ツボ押し。
e0038241_014587.jpg

e0038241_0201981.jpg
サヨちゃんも今年は14歳。今のところ病気知らずだけど、いつまでもこのまま元気な最年長でいて欲しいものです。
[PR]

by cindy0818 | 2010-02-09 00:20 | 健康・病気


<< 白銀の裏磐梯へ。      豆食う犬。 >>