<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

京都旅②「京都のお店」。

今回の旅行では、あまり行き先を広げず、予定も決めず、気ままに過ごそうと決めていた。
一泊目は御所と二条城を訪ねるほかは、「柊屋」に程近い三条、四条のあたりをブラブラとそぞろ歩き。
二泊目は東山の「ウエスティン都ホテル京都」に泊まるので、銀閣寺から南方面の知恩院や南禅寺あたりを探索、夜は祇園の方にでも行ってみようか、という具合に。


宿のある一角、三条のあたりをゆっくり歩いたのは初めて。町屋風の民家やお店が残る、風情のある町並みが楽しい。
e0038241_20203135.jpge0038241_2020395.jpg







←宿近くにあった足袋の専門店。↑お茶の老舗、一保堂は御所へ向かう道の途中にあった



老舗だけでなく、今風のレストランやショップも多いのだが、すべて街の景観を壊さないように元々ある古い民家やお店を改装して営業している。
e0038241_2028821.jpge0038241_20281619.jpg
左/元は古い酒屋だった店舗、今はイタリアンレストランに様変わり。なんて粋なセンス! 右/有名なイノダコーヒーの本店も町屋風の門構え。併設する左側の豆のテイクアウト店も、なぜか町並みに溶け込んでいるのがお見事。

e0038241_2038382.jpgこれも宿の近くにあった町屋を改装したショップ。布袋様が持っている木の看板の上に、ワンコのぬいぐるみがチョコンと乗っているのが分かりますか。なんとドッグカフェ&ショップなんです。


途中でカフェ休憩をしながら町をぶらぶらしているだけで、楽しく過ごせてしまう。


さて、二日目の夜の夕飯。前日の懐石料理や、「正しい旅館の朝食」の次は洋食の気分になってくる。フレンチやイタリアン、洋食屋さんなどもレベルが高いとされる京都だし。
そこで、祇園縄手にあるフレンチのレストランマエカワを予約することに。

e0038241_20552885.jpg
←カウンターのほか、テーブル席が4つだけのこじんまりした居心地の良いお店。母、うっとり。

箸でいただく、いわゆる「フレンチ懐石」と言った料理。小さいサイズのポーションで前菜からデザートまで10皿ぐらいが次々に出てくる「おまかせ」コースを頂く。




e0038241_2143727.jpge0038241_21135096.jpg
温泉卵とウニ、山芋、オクラのバルサミコソース。松茸風味のポタージュの下には茶碗蒸しが。前菜のこの2皿に、早くも全面降伏です。

e0038241_21145321.jpge0038241_2115898.jpg
左はホタテ、イチジク、ルッコラに生ハムの組み合わせの前菜。右はメインの前に出る一口サイズの「牛刺しの炙りの飯蒸し」。ワインが進みます。

フレンチやイタリアン、和食の技法と京都の素材が高いレベルで結集した、これまた素晴らしいコースでした。前日の懐石料理に続き、大・大・大満足。
シェフと若いスタッフ2名の温かいサービスも文句なしのお店でした。

こんなに「ビンゴ」だらけのお宿やお店、
この旅で幸運を使い果たしたようで、今後の人生が不安かも・・・、と心配になるぐらい、いい思いをさせてもらいました。ビバ京都!
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-30 21:31 | イベント・旅行・お出かけ
2005年 09月 29日

京都旅①「柊屋旅館」。

京都の三大名旅館といわれる「俵屋」「炭屋」「柊屋」のいずれかに泊まってみたいというのが、今回の旅の大きな目的。どこにしようか迷ったのだが、母が以前「柊屋」で60年間仲居さんをやっていた田口八重さんのエッセイを読み、感銘を受けたというので、「柊屋」を予約した。
e0038241_1753492.jpg
三条大橋近くの町屋が残る風情のある一角に、ひっそりと佇む門構え。文豪・川端康成や三島由紀夫、林芙美子たちに愛された宿。
e0038241_17594230.jpg
玄関の上がり框にかけてあるのは「来物如帰」(来たる者、帰るが如し)の有名な額。かんげきー。
その心が浸透しているかのような、大げさではない温かいお出迎えに、緊張の気持ちがほぐれていく。


e0038241_1853235.jpge0038241_1864027.jpg
e0038241_187399.jpg8畳ほどに濡れ縁の付いた、風情のあるお部屋に通される。そしてなんとこのお部屋、川端康成さんがいつも滞在されたお部屋と聞いて、またもや感激。
母はさっそく自分のデジカメでお庭の撮影。



←縁側越しに見える部屋付きのお風呂の外には、愛らしい提灯がやわらかな光でお庭を照らす。

e0038241_18173495.jpge0038241_18174243.jpg
お楽しみの夕食は、松茸や鱧、京野菜など丹精込められた一皿一皿。奇をてらった盛り付けは皆無。そして、すべてが文句のつけようのない優しいお味。

e0038241_18233363.jpge0038241_18234115.jpg
左/何十年もここにあったと思われるお道具が部屋のそこここにさりげなく並ぶ。  右/瓢箪型の漆塗りの照明スイッチ。こちらも昭和初期に作られたものだとか。ナイトキャップの文庫本は何回も読んだ池波正太郎さんのエッセイ。
生粋の江戸っ子でありながら、京都を愛してやまなかった池波さんに思いをはせて。(すぐに寝ちゃいましたが。)

e0038241_18313283.jpg文明開化の香りのするロビー。外国人のお客さまが静かにくつろいでいた。
e0038241_18373077.jpg
母はロビーの片隅のPCで当ブログのコメントチェック。balmamaさんの「お母様、夏木マリに似ている」の勘違いコメントに、本人は大喜び。
ちなみに母は毎朝毎晩、私のブログをチェックするだけでなく、LINK先に行くことも覚えたらしい。そうとう詳しい。(以下、実話コメント)

「チャチャくんは、茶色いフラットで、お庭をきれいにガーデニングしているお家でしょ」
「アンリちゃんはゴールデンで、手術をしたコよね。ネコちゃんの里親は見つかったのかしら」
「エフちゃん?あ、この間、お父さんがいらして大喜びしていたコね」
「ジェミニのおうちは、またキャンプに行っていたみたいね。毎週すごいわねー」
「紗羅ちゃんのおうちは、お洋服代が大変ねー」

・・・・・だってさ。私よりもすごいんじゃないかというぐらいの更新チェック。ボケ防止になってるかも。



話がそれましたが、柊屋。
たとえば、朝食前にお散歩に行こうとすると、旅館の方とは誰ともお会いしていないような気がしていたのに、いつの間にか玄関に靴が並んでいる。
お散歩から帰ってくると、お顔を会わせた記憶のないフロントの方が、にっこりと「ご朝食は8時でよろしかったですよね」と声をかけてくる。
部屋出しのお食事は、どこかに隠しカメラが付いているのではないかと思われるほど、タイミング良く次のお皿が運ばれてくる。
お道具類もしつらえも、必ずしも豪華なものではないように思われるのだが、昔からのものが大切に使われている。
すべてがさりげなく、押し付けがましいモノやコトがひとつもなく、ゆったりと時間が流れ、心からくつろげる。
京都の粋とかおもてなしというものの真髄を体験できたような気がする、ほんとうに素晴らしい宿でした。
帰るときには、担当の仲居さんやおかみさんが、私たちの姿が見えなくなるまでずうっと、いつまでも玄関先で見送ってくださいました。


ここに2泊とも考えていたのですが、懐石料理のフルコースを2夜連続こなす自信がなかったので、もう1泊はホテルを予約しました。ちょっと惜しかったかな?
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-29 20:00 | イベント・旅行・お出かけ
2005年 09月 28日

京都より帰る。

母とふたりで3日間を過ごした京都旅行より帰ってきました。
e0038241_21104891.jpg
毎日お仕事とノアトロ&サヨのお世話を頑張った夫へのお土産は、
いづうの鯖寿司と、和久傳のあなご寿司

粋な包装、そしてお寿司そのもののたたずまいも美しく、そしてお味といったら・・・・・!
特に和久傳のあなご寿司。何の気なしに買ってみたのですが、素晴らしかったです。

e0038241_21124043.jpg

e0038241_2124323.jpg
ノアトロが大コーフンでお迎えしてくれました。サヨは普通でした・・・。
3日ぶりのトロワはひとまわり大きくなった気がする。

旅行もいいけどノアトロ&サヨと会えないのは3日が限界だ。(私が)


それにしても京都すばらしい。ハマりそう。
プチ旅行記を明日UPしようと思います。
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-28 21:32 | 家ごはん
2005年 09月 25日

駒沢ドッグラン&旅のご報告。

急にどーしちゃったの?というぐらい涼しい一日。午前中は普通のお散歩に行き、夕方4時頃、駒沢公園のドッグランへ。
出かけていた夫とは現地集合。私はノアトロを車に乗せ家から出発したのだが、246を走っている途中で2匹ともカバーを乗り越え助手席に移動してきてしまったので大変。
助手席にキチンとお座りし、マジメ顔をして並ぶ2匹の犬って、けっこうおかしな絵のようで。信号待ちのたびに指をさされ、笑われているのが見える。

かなり恥ずかしい・・・・。加えて左側のサイドミラーが全然見えん・・・・。
運転中だから、後ろに追い払うこともままならず、(もちろん写真も撮れず)
なんとか駒沢公園に到着。
e0038241_21394820.jpg
フレンチブルだかボストンテリアだか(どっちだっけ?)に気に入られたノアは、さっそく鬼ごっこ。

e0038241_2142720.jpg
トロワは相変わらずマイペースで草むら探索。

e0038241_2143180.jpge0038241_2143104.jpg
いい社会勉強になりましたね、トロワちゃん。


ところで私、明日より3日間、
夫とイヌネコを留守番させて、母と京都旅行に出かけます。
この歳になって初の母娘二人旅。いや、この歳になったからできるのかな?
帰りましたら、また旅の報告などさせて頂こうと思います。

e0038241_21474847.jpg
いろいろ研究中。

e0038241_21482537.jpg
旅の相棒、母です。
写真は赤ちゃんトロワを始めて見に来たときのもの。

子育て経験者の赤ちゃんの抱き方は
ひと味違います。
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-25 21:56 | ノアトロリアンとお出かけ
2005年 09月 25日

わんこ仕事。

今日、偶然コンビニで立ち読みした雑誌。何気なく開いてビッツラ。
e0038241_2331653.jpg
犬と泊まれるお宿の雑誌に、以前私が担当した記事がリメイクされて掲載されているー!
2年前、1冊まるごと「わんことお出かけ」みたいな本を編集したのだ。巻頭記事には犬友達を総動員していろんな場所にロケに行ったのだが、その時の写真が新しい雑誌に何箇所も使われている。
このページは友達ご夫婦二組、GR1匹、フラット3匹でロケしたときの写真だ。

ちなみに記事の転載は契約内なので問題はないのだけど驚いた。こんなところで再会するなんて!あの日のロケは大雨で泣けたなー。なつかしー。


ところで実は・・・・・

e0038241_2341194.jpg今発売中の別の雑誌で、私とノアがモデルで出ているのです。やっぱり「犬とお泊り旅行」テーマで。ほかにプロのモデルちゃんも使ったのだが、予算と日程の関係で自らも出張ることになっちゃったのだ。てへ。お恥ずかしい。
カメラマンにはもちろん「遠目で人物にあまり寄らないように」とキツく注文。


恥ずかしいから雑誌名はナイショですが・・・。

仕事と犬がらみといえば、

e0038241_23485822.jpgこの間、別の雑貨グッズ系編集部でもらっちゃいました。
掲載商品のサンプル、犬グッズ2点。
左はわんこ洗い用のシャワーヘッド。
右はわんこ用泥エステコスメ。

e0038241_23523351.jpgシャワーヘッドはこんな風に付け替えて使います。水流が内側に回りこむしくみで、水が跳ねず、優しく洗えるというシロモノ。
ちなみに、わんこを洗う前に、思わず自分のシャンプーで使ってみました。(←バカ)
確かにマイルドな洗い心地であリました。

たまにはこんな、ラッキーもあります。
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-25 00:02 | ノアトロリアン&サヨ
2005年 09月 23日

汐留グルメと犬グルメ。

連休前の昨晩は、久々に元同僚のTさんと飲みの約束。
「たまには我らに一番似合わないところでも行ってみる?」ということで、D通、H報堂、Nテレ合コンの聖地、汐留へ。
e0038241_22545657.jpg未来都市のような様相になっている汐留。カレッタ汐留46Fの夜景がきれいなオサレ店へ。
Tさんとは会社時代から始まってかれこれ15年ぐらいの付き合いになるのだろうか。今でも年に1、2回は近況報告などしつつ杯を重ねる仲。
社内結婚した奥様との間に一男。その息子さんが中3になったと聞いてビッツラする。
お互い、おっさん、おばさんになったものよのう、といいつつさらに乾杯。


一夜明け、先週に続き3連休のスタート。といって特に予定もないが。
そうそう、わんこ用のお肉が届いているんだっけ。今日はごちそう夕飯だ!
e0038241_23102895.jpge0038241_23104357.jpg
お友だちのメイジュラママにおそわったとり農園のわんこ用鶏肉。可愛いパッケージで届きました。中は小分けパックになっているので使いやすい。今日は手羽ミンチにしよう。骨もゴツゴツ残っていて、美味しそう。

e0038241_2319886.jpg
生の手羽ミンチとささみ、茹で野菜(さつまいも、ブロッコリー、トマト、おくら、キャベツなど)、白ごまときなこ、ハーブサプリをトッピング。

ちょっと迷ったが、今日はトロワにもこちらのメニューをプレゼントすることに。
お腹はすごぶる丈夫なコなので、たぶん大丈夫でしょ。

e0038241_23285884.jpge0038241_2329790.jpg
期待でいっぱいのマテ。            高速食い。


すごい勢いでたいらげた2ヒキでした。うーん、作りがいがあるなあ。
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-23 23:36 | 食べたり飲んだり
2005年 09月 23日

FOREVER②

今日9月23日はシンディの月命日です。
毎月この日は、シンディの思い出を綴ります。


シンのお散歩はいつも自分でバッグを持って歩きます。
e0038241_1313027.jpg

お散歩を始めると、必ず自分からバッグを「ちょーだい」します。
すれちがう人たちが、みんなニコニコして「おりこうね」と言ってくれます。
本犬は大真面目。大事なお仕事のつもりなんでしょう。


e0038241_13191318.jpg

この写真のワンコはゴンちゃん。トロワの姉妹、ゴマちゃんのお家にいたコです。お母さんがお写真を送ってくださいました。シンより1ヶ月前に虹の橋のたもとに行ったゴンちゃん。シンと同い年、2匹とも11歳を迎える直前でした。
車が大好き、旅行が大好きだったゴンちゃんだそうです。シンと気が合うね。
2匹で仲良く遊んでるかな?
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-23 13:29 | cindy
2005年 09月 22日

ビビ、ジェミニ、ノア、みんな元気で頑張ろうね。

昨日の夕方、ノアのお母さん犬ビビに久しぶりに会いに行ってきた。

ビビは私にとって、特別なフラットだ。ノアのお母さんであることはもちろん、私にとって「フラットコーテッドレトリバー」という犬種との初めての出会いでもあった。
e0038241_9552095.jpgビビは、以前たまプラにあったイタリアンのお店「タンゴ・タンゴ」の看板犬をしていた。そこに毎週通ううちに、お店のスタッフたちとも仲良くなり、そういった縁でビビの出産の際、長女を我が家に迎えることになったのだ。





在りし日のシンディに腕枕する甘えん坊のビビ。
タンゴ・タンゴにて。


そのビビが今日、脚の手術をすることになった。

ちょっと前から左前脚の関節部分が腫れ、歩きにくそうにしているという話を聞いて心配していたが、腫瘍が発見されたので除去手術を行うことになったと聞いたのが火曜日の夜。腫瘍の部位は肢の内側部分で、神経や血管が入り組んだ難しい箇所なのだそうだ。本日の手術では取りきれるだけ腫瘍の除去を行う。そして病理へ組織検査を回し、その結果で後日対応を検討することになる。火曜の夜から翌日まで心配でたまらず、ひとこと「頑張れ!」を言いたく、ビビの顔を見に行ったのだ。

お家に着くとビッコをひきながらも玄関まで迎えに出てきてくれたビビの前脚は、テニスボールのように腫れていて、とても痛々しかった。可哀想で思わず涙ぐんでしまったが、「いかんいかん!ビビが心配してしまう」と思い直し、笑顔でハグハグするとビビも嬉しそうに尻尾をブンブンして歓迎してくれるビビ。
肢が不自由そうなことを除いては、表情もおだやかだし目もイキイキしている。ビビママいわく、「手術前なので体力をつけるため美味しいものをもらったりチヤホヤされているので、女王様気分なのよ」とのこと。リビングで膝枕をしてナデナデすると「もっとナデろ、もっとナデろ」と鼻ツンで要求しながら気持良さそうにくつろいでいる。これなら大丈夫、元気そうだ。まだ7歳、運動能力が高く、いい筋肉がミッチリついているビビ。手術に耐えられる気力も体力も充分そうだ。

元気そうなビビにちょっと安心して、一旦帰宅。
そのあと夕飯デートを約束しているジェミニママと会うため、ノアを連れて車で駒沢公園横の餉餉(ケケ)というレストランに向かう。オトコ(夫)と子ども(トロワ)はお留守番。
犬についてはたいへんな勉強家だし、お友だちも多いジェミニママなので、そのお話はいつもとても面白いし参考になる。病気や健康の話、お友だち犬の話など閉店時間までたっぷりおしゃべりし、その後はジェミちゃんとノアを連れて夜の駒沢公園をお散歩、ひとまわりした後も自販機で買ったお茶を飲みながら、またもやベンチで延々おしゃべりをして、気がつけば12時になっていた。
e0038241_103294.jpg
深夜の公園にて。お鼻がスラリ、ほんとうに美人で優しいジェミニちゃん。

e0038241_1115318.jpgジェミニちゃん5歳、ノア4歳。犬にとって体力と知力が充実した、まさしくゴールデンタイム。この時期を大切に、いい体験をたくさんさせてあげたいね、とお話してお別れした。


パワフルなジェミニママ、HPの「Days」で昨晩の様子を早くもアップしてくださいました。写真はそこから無断転用。勝手にゴメン。


今午前11時。ビビが手術室で頑張っている時間だと思う。
頑張れビビ。そしていい結果になりますよう、心からお祈りしています。


追記:記事をアップした直後、ビビママから電話。手術は無事に終了したとのこと。とりあえずひと安心だ。あとは病理の結果が良いものでありますように!
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-22 10:52 | ノアトロリアン&サヨ
2005年 09月 20日

朝霧高原のお土産。

旅行や遠出の帰り、つい買いたくなるのが現地の採れたて野菜。先日の本栖湖の帰りも「道の駅」に立ち寄り、お野菜ほかを購入。

e0038241_20531213.jpg
ワサワサのなめこ、でっかいオクラ、ほかにネギやニンジンなど。
朝霧牧場の牛タンハム、というのも買ってみた。ベロまるごと1枚。裏っかえすとモロに「舌」。ちょっとコワイ。


さて、昨晩の夕飯。
e0038241_2056246.jpge0038241_20562833.jpg
牛タンハムは粒マスタードと白髪ネギで。お野菜はエフ家のマネをして、茹でてゆず胡椒+酢+マヨネーズで。なるほどー美味しいじゃん。
なめこもシンプルに大根おろし&ポン酢で頂く。すべて素材の味が濃い。

そして今晩の夕飯。
e0038241_2135946.jpge0038241_214176.jpg
牛タンハムはほうれん草サラダに入れ、和風ドレッシングで。昨日残ったなめこ、ネギ、にんじん、ゴボウ、お豆腐などでケンチン汁。
2日間、朝霧高原の味を楽しみました。

e0038241_2182385.jpg
わんこにもおすそ分けゴハン。
生のささみ、茹で野菜(ニンジン、ブロッコリー、オクラ、キャベツなど)、豆腐など。つなぎにフードをちょびっとと、シソ油をタラリ。先日ペットショップでサンプルをもらったハーブサプリも入れてみた。もちろん大完食。


ところで昨日、トロワちゃんの乳歯が初めて一本抜けました。
e0038241_21163889.jpge0038241_21171396.jpg
コロリとした、奥から3本目の歯。なんか捨てられない。
大人の階段を登り始めたのかな?もうすぐ5ヶ月。
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-20 21:20 | 家ごはん
2005年 09月 19日

結局、本栖湖。

さわやかなお天気の連休2日目、ちょっと遠出のドライブへ。

e0038241_0334688.jpge0038241_034545.jpg
最近甘えん坊ノアは、夫と私の間に座りたいらしく、助手席に移動して来てしまう。ハッキリ言って、狭いです・・・。


東名富士ICを下りて、目指すは朝霧高原のドッグラン。ところが・・・・・

渋滞を避け、裏道でまあ順調に到着したものの、ドッグランの前には駐車待ちの車が長蛇の列。ドッグラン自体はさほど混んでいないのだが、ロッジやキャンプサイトにお泊りの連休客で駐車場が満杯の模様。やっぱ連休をなめていた・・・。なまじドッグランが窓の横に見えるものだから、ノアは大コーフンで鼻ピーになって「早く行こうよ~!!!」状態。でも入れないの。ほんとゴメン。

「どうする・・・・?」と迷った結果、
「逆ルートで本栖湖でも行くか」ということに。結局また本栖湖だよ。
それにしてももう13時過ぎ。お腹が減ったので近くにあったワンコも入れるBBQハウスで一服することに。

e0038241_0475540.jpge0038241_048873.jpg
温室のような不思議なインテリアの店内で朝霧高原牧場の牛肉などを頂く。

そして一路、本栖湖へ。20分ぐらいで順調に到着。前回行った場所の手前に良さげなポイントを発見し、湖畔に出動する。
e0038241_0534799.jpg
ノアがおもちゃを使い、上手にトロワを誘導。前回あまり自分から水に入ろうとしなかったトロワも夢中で水遊び。e0038241_059983.jpg


水中レトリーブの楽しさに目覚めたもよう。

e0038241_111816.jpg

そのうち、どんどん一人で泳ぎ出す。
いっぱしのスイマー犬になりました。
e0038241_1098.jpg

ノア、水泳コーチありがとね。

e0038241_175874.jpge0038241_191246.jpg
e0038241_113433.jpg↑トロワが少し遠くに行ってしまうと、ノアはあわてて走って迎えに行く。何回も、何回でも。

←迎えに来た姉ちゃんの後について、戻ってくるトロワ。血もつながっていないのに、このコたちの絆はどういう風に培われていったのだろう。


という訳で、結局いつもの本栖湖レジャーになってしまった。
でも、ドッグランよりやっぱり水泳の方が楽しそうだもの、結果オーライだよね。

ちなみに帰りはけっこうな渋滞にヤラれました・・・。
[PR]

by cindy0818 | 2005-09-19 01:21 | アウトドア・キャンプ