ノアトロ定食

noatoro.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 26日

富士山の麓で冬キャンプ[後編]

キャンプの明け方は、いつもトイレに行きたいノアの鼻ツンで起こされます。鼻ツン目覚まし時計の時刻はたいがい午前5時。ところが今回はあまりにも早寝をしたせいか、時計を見ると、なんと午前4時。
「1時間早いよー、ノア・・・・」
と文句を言ったものの、どーにも我慢できない様子なのでしょうがなくモゾモゾとシェラフから出ました。当然お外は真っ暗です。テントにつるした温度計を見ると気温はマイナス4度。
なんとなく目が覚めてしまったので、ストーブに点火し、お湯を沸かして暖かいコーヒーを入れ、日の出を迎えることにしました。
キーンと冷えた空気の中で、東の空が白々と明るくなっていく夜明けの時間というのは、キャンプで過ごす一日の中で一番好きな時間帯だったりします。何回経験しても朝日が昇っていく様子はしみじみと感動的。

そんな2日目の様子も写真レポで。
e0038241_23451622.jpg
e0038241_23501010.jpg
e0038241_2352279.jpg
e0038241_23532593.jpg
e0038241_23535260.jpg
e0038241_23541476.jpg

我が家は天気によってはもう1泊していってもいいかな?と思っていましたが、あいにく三連休の最終日は雨予報は変らず。2日目の夕方に撤収して帰途につくことにしました。
e0038241_23543023.jpg


と、のんびり楽しく過ごした2日間でしたが、帰りは渋滞地獄にハマりました。
東名の御殿場ICで帰るか、中央の河口湖ICで帰るか、はたまた東名富士ICで帰るか迷った結果、富士IC経由を選択。ところがICまでの一般道が大渋滞。なんとか抜け道を見つけ、IC近くにたどりつき、名物の富士宮焼きそばでも食べて帰るかとお店に寄ってから6時半頃に高速に乗ったものの、Iモードの道路交通情報を見ると、ななななーんと自然渋滞に加えて事故渋滞箇所が5件というワースト記録ものの大渋滞!!(XoX)
夫の案で、御殿場ICで降り、一般道から小田原厚木道路、第3京浜経由で帰ろうとしたものの、御殿場ICを降りたら、R246が1ミリも動かない大渋滞。
結局、246をUターンして御殿場から山中湖方面へ戻り、R415号、通称、道志道というワインディング・ロードを経由して帰ってくるという迷走状態で、夜の10時半にヘロヘロになりながら帰宅しました。
ま、私とイヌどもは、ほとんどの時間、助手席と後部座席でグースカ寝ていただけですので、ドライバー夫に「お疲れさん♡」と言っておこう。

しかし、ストーブがあれば、まだまだ行けるなー、冬キャンプ。
夫は「雪上キャンプも一回してみたい」などと言ってます。私はゴメンですが。
[PR]

by cindy0818 | 2008-11-26 23:50 | アウトドア・キャンプ


<< お友達ワンコたちと。      富士山の麓で冬キャンプ[前編] >>