ノアトロ定食

noatoro.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 14日

焚き火のビブリ。

e0038241_224965.jpg
はい、そーです。お察しの通り、連休はビブリンしてました。お山はすっかり秋色です。本格的な紅葉にはもう少しという感じですが、朝晩の気温は、もはや秋をすっ飛ばして冬色です。

e0038241_2252635.jpg
寒さに備えて、GW以来の、アメニティ(テント)と虫かご(エッグ)の合体設営。「連結できる」というのがブランド側の主張ですが、実際は「無理矢理つっこむ」という感じで、連結部分はあまり美しくなかったりします。が、夜、フルクローズのエッグ内でメシ食ってあったまって、外気に触れずにそのままテント内に移動できるというのは、やっぱりシアワセです。
e0038241_2255363.jpg


なんせ、渋滞を回避すべく、朝4時に出発したので、設営が終わるとすぐにお昼寝タイムに突入・・・・したいのですが、若干1名、元気モリモリのハリキリ・ガールがいて、寝かしてくれません・・・・
e0038241_2352533.jpg
だからさ、前にも言ったけど、うちはアンタ以外はヒトもイヌも疲れた中年ばっかなんだよ。そこんとこよろしく頼むって。


そうこうしているうちに、渋滞にドップリはまった3レトリバーズ・あいん家も到着。例によって合同リビングも設営、ニギヤカなサイトになってきました。
e0038241_23104938.jpg


たとえば12月とかのド冬キャンプだったりすると、「思いっきり寒いよな」と重装備で出かけたりするわけですが、春や秋のグレーゾーンな季節だと、実生活の場とお山とでは気候が全く違うので、服装でも装備でも、「こんなモンでいーだろう」とナメて出かけ、「しまったー!フリースじゃなくてダウンだったよ」「ホカロンも忘れてた~」ってな目に会ったりします。去年の寒さは忘却の彼方だったりするのです。そんなワケで、毎回同じ場所で同じように過ごす同じようなレポだったりするのですが、1年後に見て、「あ、10月だと、お山ではすでにそんな服装が必要だったのネ。気温はそんなにキツかったのネ」と思い出させてくれる意味で、ブログの記録は貴重だったりします。手袋忘れんなよ、フリースの靴下忘れんなよ、1年後のワタシ!

というわけで、1年後の自分への警告のために、寒さ対策記録をば。
といっても、とにかく焚き火です。野外はヒーターより、やっぱり焚き火の火が最強です。管理棟で薪も売っているのですが、白樺サイトには折れた白樺がゴロゴロ落ちているので、それをノコギリで切って自給自足。そのうちサイト内に手ごろな白樺がなくなると、散歩に行ってはデカイ折れ木をかついで帰ってくるという、キコリのような我らです。ノコギリ忘れんなよー、1年後のワタシ!
ちなみに、焚き火しすぎたせいでしょうか、家に帰ったらノアリアン、すっかり焚き火臭くなってましたー。
e0038241_23271938.jpg
朝、昼は、あいん家のタープ下の合同キッチン&ダイニングで食事し、夜は焚き火でしばしくつろいだ後、エッグ内でホカホカ・ダイニング。あいん家の3ピキはいつもの通り(笑)テーブル脇で「チョーダイ犬」になっていますが、ノアリアンは、奥のテント内で早寝に入ってます。
特にノアは、テント内大好きなインドア系。加えてキャンプに来ると思いっきり早寝モードになって、自分のゴハンを食べてしまうと、ヒトの宴会中も「はやくテントに入ろうよ~」と鼻ツンで直訴してくるタイプ。かといって、自分ひとりでテントに入って寝ることはできない寂しがりやさんなので、こういうテント連結型スタイルだと、安心してテントで寝られるノアは、きっと満足。

一夜明けて、朝6時前の気温はマイナス1度。久々の「凍ってるね!」シリーズ。
e0038241_23382991.jpg
氷点下の外気に手足がどんどん冷えてきます。たまらず朝から焚き火タイム。
キーンと冷えた外気の中、焚き火にあたりながら飲むコーヒーが美味しい。そして7時ぐらいにサイトに陽がさし込み、どんどん外気が上昇してくるのを体感しながら、重ね着している衣服を一枚ずつ脱いでいくのがたまらなく気持ちいい、そんな朝の時間帯です。

三連休とあって、お友達もたくさんサイト訪問してくれました。
続編では、そんなワンコさんたちもご紹介。(いつごろできるかな? 笑)
[PR]

by cindy0818 | 2008-10-14 23:22 | アウトドア・キャンプ


<< 焚き火のビブリ[お客さま編]      破壊犯、逮捕。 >>