ノアトロ定食

noatoro.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 19日

ここにいてね。

シンディが逝ってしまったあと、全く身動きがとれなくなってしまった自分がいた。

シンディの抜け毛が落ちている床に掃除機をかけてしまうことが耐えられない。
洋服やシーツを洗濯してシンディの匂いが消えてしまうことが辛い。
シンディの気配を運び去ってしまう気がして、部屋の空気の入れ替えをすることさえ苦痛だった。
家の中にあるあらゆるものにシンディの思い出が刷り込まれてあって、ひたすら時間を止めて、その中に埋没していたい気持ちだった。

10日ぐらいたって、このままでは1歩も前に進めないと思った。
シンディの思い出は心の中にたくさんあるのだから、モノに依存するのはやめようと思った。
洋服やカラーやリードも、母が作ってくれたり思い出深いものを少し残して、ボランティア団体に寄付をしたり、友人にもらってもらった。
「シンディの分まで幸せに、長生きしてね」という思いをこめて。


それでも今回処分した古いソファにはシンディやトロワの思い出がたくさん染み付いている。業者さんが運び出していくときに、やっぱり胸がつまった。
e0038241_231303.jpg
ソファが大好きだったシンディ。そして、ソファの上でもいつもシンディにくっついていたノア。

e0038241_22901.jpg
遊びつかれて顔をうずめて寝てしまった子犬トロワ。ただ見ているだけで胸の中がほんわかと温かくなる幸せな時間。

e0038241_230780.jpg
よく、ここに立って一心に窓の外の空を見ていたトロワ。

e0038241_2305098.jpg
一心に見つめるピュアな視線がたまらなく愛おしかった。


ここにいて。いつも、いつまでも一緒にいて。そして夢の中でもいいから触らせて。
[PR]

by cindy0818 | 2007-12-19 02:19 | ノアトロリアン&サヨ


<< 鍋三昧。      おニューのソファ、おニューの長ざぶ。 >>