2010年 12月 15日

サヨちゃん、キャットドックに行く。

サヨちゃん、ただいま14歳と5ヶ月で、もちろん我が家の最年長。
推定1ヶ月半で我が家の子になってからというもの、下痢ひとつしたこともないチョー健康自慢のおじいちゃん猫ではありますが、ここらで1回、ちゃんと健康診断をしておこうとは前々から思っておりました。
そこでこのたび、人間ドックならぬドッグドックならぬ、キャットドックを予約。
触診による健康チェック、血液検査、甲状腺検査、レントゲン&エコー検査のフルメニュー。

思うところがあって、サヨちゃんは11歳を最後にワクチン接種もやめております。
マンション住まいということもあり、ベランダで日向ぼっこする以外はお外に行きません。
つまり、サヨちゃんにとっては、最後にワクチンを打ちに行ってから3年ぶりの外出です。

が、さすがサヨちゃん。
思いっきり久々のお出かけにも、落ち着き払ったこの態度。
e0038241_08332.jpg


e0038241_0135863.jpg
待合室でも、他のワンコなどを観察する余裕の態度。

このように、サヨちゃんは病院に連れて行っても、暴れたり逃げたりすることが一切ありません。
今回はケージに入れていったのだけど、ケージがなくても、助手席に置けば目的地に着くまでそのまま、抱っこされたら抱っこされたまま、診療台に置かれたら置かれたまま固まっているという、ぬいぐるみ状態のサヨちゃん。
タミー先生に触診で体を撫で回されても、注射で血液を抜かれても、ニャンとも鳴かずにおとなしーくしているので、「こんな猫ちゃん、めずらしい!」とスタッフの皆さんにも驚かれました。
通常、ニャンコの診察ってワンコよりもずっと手こずることが多いですもんね。確かに珍しいタイプかも。
e0038241_023463.jpg
でもね。
平気を装うサヨちゃんだけど、私は知っている。
サヨちゃんが極度の緊張状態だったことを。
なぜなら4つの肉球が、緊張ゆえの汗でビッチョビチョだったもんね(≧▽≦)ノノノ☆(≧▽≦)ノノノ☆(≧▽≦)ノノノ☆


1週間後に血液検査の結果を伺いに行くのだけど、とりあえず触診でもレントゲンでも問題はなく、キレイな内臓でした。よかった♪


こうしてサヨちゃん受難のキャットドックは終了。
が、家に帰ってほっとする間もなく、ノアリアンの大歓迎が待っていたのでした。
e0038241_054068.jpg
e0038241_0542041.jpg
サヨちゃん、お疲れさま。
[PR]

by cindy0818 | 2010-12-15 00:08 | 健康・病気


<< 女子会4連チャン。      ゴハンマダデスカ攻撃。 >>