2010年 06月 22日

PENで遊ぼう@アートフィルター。

というわけで、ヒマさえあればウキウキとカメラ遊びに没頭しています。

プロのカメラマンさんが特殊な表現や色出しをするために、以前であればあえてポジフィルムではなくプリント焼きにしたり、ポラロイドで撮影したり、ネガフィルムをポジ現像したり、特殊なフィルターを装着して加工したり、いろいろな工夫をして仕上げていたテクニックを、カメラが自動的にやってくれる魔法のモードが、アートフィルター。
コンデジにもある程度ついていたりする機能ですが、PENのアートフィルター、なかなか面白いです。

6パターンで撮り比べてみました。
e0038241_23322177.jpg
PL-1にはこの6種ですが、P2機種などは、8パターンほどあるみたい。

ジェントルセピアで撮ったノアリアン。
e0038241_2337664.jpg
e0038241_23373519.jpg
落ち着いたコンントラストで、しっとりとした質感のセピア。



一方、ラフモノクロームは、ハイコントラストで粒子の粗いモノクロ写真。
20年ほど前、広告や雑誌でかなり流行った手法で、私も仕事でよく使ったもんです(笑)
e0038241_2343678.jpg
コントラストが強調されているから、Tシャツへのプリント転写用なんかにすると面白そう。
犬を撮るなら目の中に光の点を入れるのがポイントですね。
ポートレートもいいんだけど、高層ビルとかの無機質なものを撮ってもクールかも。

このモード、anlaypapaなんか好きそうな気がするんですけど?どうぉ?


トイフォトは、その名の通りトイカメラで撮ったような独特の色合いに。
e0038241_23483526.jpg
四隅の光量が落ちているところなんて、なかなか感じが出ていますが、ちょっと真面目にピントが決まりすぎているところがトイカメラじゃないんだよなー(笑)

そこで、ちょっとピントをはずしてみると
e0038241_23504434.jpg
おお、なかなかトイカメラ風にゆるーい感じになったじゃないですか。
[PR]

by cindy0818 | 2010-06-22 23:32 | カメラ


<< バランス悪・・・・。      イチデジ、キター\(^o^)/ >>