ノアトロ定食

noatoro.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 22日

体質改善、半年経って。

消化とデトックスを意識するよう食事を改良して8ヶ月。
手作り酵素を取り入れて7ヶ月。
鍼&カイロを定期的に受け、毎日ツボ押しのマッサージをするようになって6ヶ月。
嬉しいことに、ノアの体にジワジワと改善が見られてきました。

一番はっきりと兆候が現れたこと。
この数年間というもの、程度の差こそあれ治ることのなかった耳ダレが、急速に完治してしまいました!
それはもう、突然綺麗になってしまって、病院の先生もビックリしてしまうほど。

食事指導のドクターにも、鍼のドクターにも、そして東洋医学の本を読んでも、耳ダレは解毒現象であり、外用薬を使わなくても体の内部からバランスをととのえていけば必ず治る、と言われてきました。
耳ダレが出るということは、体が一生懸命デトックスをしている証拠だから、悪いことではないんだよ、と。

そうは言われつつも、外用薬を一切中止(市販の洗浄剤も中止)したノアの耳は、例年わりと調子のいい冬の時期にもネットリとした茶褐色の耳アカが大量に出て、いつも寝るベッドの枕に敷いたバスタオルも毎日汚してしまうほどひどい状態になりました。
「好転反応だと思う。ここを乗り切ればきっと大丈夫」と先生に言ってもらっても半信半疑で、何回も薬を使いたくなりましたがなんとか洗浄だけにして我慢の日々。

そして突然です。ほんと突然に治ってしまいました。
こんな状態、何年ぶりだろうってぐらいに
赤みもなく耳垢も一切ないサラサラのお耳が戻ってきました。



さらに。
3月の換毛期を経て抜け替わったノアのコートはかつてないほどのツヤツヤ。そしてすばらしい毛ぶきで、2週間ぶりに会った友達が、会うなり
「ノアどうしたの!見たことないぐらいに毛ぶきがいい!」と言ってくれたぐらい。

さらにさらに。
この冬ぐらいから明らかに活動的になっていて、雪山などでもここ数年見られなかったほど元気いっぱいで、これもお友達に驚かれたりも。
今、とにかく動きがアクティブです。数年前に戻ってしまったようにキレがあります。
逆に考えると、今まで加齢によるものと思っていたモサモサした動きも、今から思えば体に滞りがある「未病」という状態だったのかも。

さらにさらにさらに。
ここ数年、関節炎の兆候で少し固くなっていた前脚。お洋服を着せるときなどに前脚をつっぱって関節を曲げないようにする状態だったのが、今やスムーズに柔らかく脚を曲げてくれるぐらいに改善。

じわじわっと少しずつ改善していること。
好転反応で一旦状態がダウンしたものの、急転して改善したこと。
代謝の季節、春を迎えたこの時期にノアの体のサビが少しずつ取れてきているのをやっと実感できるようになりました。

何かが決定的に効いた、ということではなくって、
「体の滞りを改善する」ということをテーマに絞ったことで
いろんなことが複合的に作用して、いいスパイラルに持ち込めたんじゃないかな。
e0038241_9382665.jpg


例年、4月から5月、最初の夏日が訪れるあたりの季節に若干体調を崩しがちなノア。
この時期をこのまま好調で乗り切れれば体質改善もホンモノかな、と、見守っているところ。
[PR]

by cindy0818 | 2010-04-22 09:38 | 健康・病気


<< 海やら川やら。      我が家で合宿。 >>