2009年 10月 29日

秋色ビブリ。

e0038241_17431472.jpg
いや、思っただけ・・言ってない、言ってないってば。

えー、あまりのブスさに愛らしさに、思わずトップでアップしてしまいましたが。

10月19日から21日までというオール平日の貸切ビブリ。
いつものごとく、ジルまま&クロエちゃんと一緒に3日間を過ごしました。
e0038241_17384080.jpg
前回から1週間しか経っていないのに、お山は驚くほどの早さで秋色に化粧直し。
今回は、いつもの西サイトではなく、東側で一番大きなサイトを選びました。ここは日照時間が長いので暖かいし、前面に紅葉のお山、後方にも紅葉の林と、秋色を楽しむのにも絶妙なロケーション。

e0038241_18251195.jpg
いつもどおり、水場に遊びに行ったり、テントの中でお昼寝したりとダランダラン過ごす時間がサイコー。

リーたんの親友・くーたんも、久々のビブリに、いつにも増して張り切っていました。
e0038241_18332912.jpg
今回もキレ味あふれる「ドロボーごっこ」。次から次へとやられました・・・。
ジルままのブラ★ャーをくわえてフィールド中を走り回ったって話はヒミツにしとかなきゃね(≧m≦)ぷっ!


久々の親友同士、寝るとき以外はほとんど一緒に遊んでます。
e0038241_18361825.jpg
ほんと、仲良しなのね。


行きの車を運転しながら「今回は久々にエッグちゃんを出して、その中にアメニティのインナーテントを入れる設営にしてみよっかな♪」なんて考えていたものの、現地に着いたらエッグを積んでいなかったことに気づいてガックシ・・・。結局、昼間用にタープを立てて、夜はジルママのリビシェルで宴会させてもらうことにしました。

3日間、昼間はピカピカの晴天。
そして夜は氷点下。1週間前よりも明らかに強く冬の寒気が忍び寄っていました。
でも、リビシェルSの中はほどよく狭いので、「カセット暖」と「フジカちゃん」の2台ストーブ体制で、室内はポカポカ。
夜もテントの前室でフジカちゃんを焚いて室内を暖めてから寝たので、寒さで目覚めることもなく、ゆっくり寝られました。

朝は、当然、凍ってます。
こんな朝は、しばらくヌクヌクとテントの中で二度寝をしたいところなんだけど・・・。
e0038241_18573923.jpg
犬は元気で「はよ、活動しようぜ!」と催促します・・・。わかったよ、わかったってばー。

そして、太陽が林の上を超えてサイトに徐々に日差しが伸びてきて、凍ったテントや車やフィールドから湯気が立ち、一枚ずつアウターを脱いでいく・・・・そんな朝の時間が大好きです。
e0038241_1953471.jpg


このごろのビブリはグループで賑やかに楽しんでいる方も増えたけど、一人とか二人でフラっと行って犬と一緒に静かに自然と対面するような、やっぱりそんな形が自分の基本スタイルだなって思います。そういえば数年前までは、ビブリってそういう方たちが主流だったような・・・。もちろん、みんなでワイワイ過ごすのもメチャ盛り上がるわけで、要は、いろんなバリエーションを楽しみたいなと。

今回は久々にテントサイトは我々のみ。朝から晩まで、どこもかしこもノーリードで放浪し放題です。
いつもはサイトに引きこもって過ごすことが多いのですが、誰もいないフィールドを楽しむべく、四駆エリアから西サイト、草原サイトなど、みんなで連れ立ってお散歩三昧して過ごしました。贅沢だなあ。
e0038241_1981313.jpg


そうそう、この滞在中はオリオン座流星群のピークと聞き、深夜2時にアラームで起きて、毛布をかぶって夜空を眺めたりしていましたが、残念ながら、目視できた流れ星はわずか2つ・・・。
でも、澄んだ夜空に広がる満天の星は、それはもう見事でした。


そして、流星群の代わりに見ることができた、素晴らしい夕景。
e0038241_19215957.jpg
これぞ、マジックアワー! 

e0038241_19223386.jpg
太陽が沈んだ直後に、ほんの5分か10分しか見ることができない、幻想的なマジック・アワー。
ジルままとふたり、ひたすら絶句して眺めていました。



ビブリも、残すところわずかでクローズです。
うちのシーズンも、これで終わり。
ちなみに、この最後の3日間で、今シーズンは通算41日の滞在。自分の記録を塗り替えました~。つか、ヒマだったのね、わたくし・・・。
[PR]

by cindy0818 | 2009-10-29 17:38 | アウトドア・キャンプ


<< 午後のひととき。      新作。 >>