2009年 05月 02日

GW前半:のんびりビブリ~ン。

ビブリッジ・キャンプ場が、今年も4月末にオープンしました。
4月になるとキャンプ友達たちから「GW行くのー?」「「何日から入るのー?」とチラホラ連絡が入り始めていましたが、なんせ渋滞嫌い、混んだビブリも嫌い、という我が家なもんで、「どうしようかなあ。今年は2日から5連休だし、道もキャンプ場も混みそうだしなあ。」などと、ギリギリまでグズグズ迷っておりました。おりましたのですが、結局、いざ蓋を開けてみれば延べ8日間もダラダラとテント暮らしをしていた我が家だったのでしたー。

渋滞回避のため、平日に私がソロで入り、後日、電車でやってきた夫と合流。
そんな前半3日間は、静かでのんびりしたビブリらしーいビブリを満喫。

そしてGW中盤から、お友達たちが続々インして、にぎやかな数日間を過ごし、これはこれで、めいっぱいエンジョイ。
そして後半、お天気が崩れはじめ、少しずつチェックアウトしていくお友達を見送って、またもや静かになった草原でダラっと過ごすという、ヒーリングな時間を。

さらに最終日の6日は雨のため撤収をする気がサラサラなくなり、テント張りっぱなしのまま帰宅。9日の土曜日に撤収を兼ねて日帰りで行って、かれこれ延べ8日間というわけ。

日に日に脳ミソが溶けていくような毎日だったので、カメラもほったらかし、あまり写真も撮っていないのですが、それでも8日間というとそれなりに画像も貯まっており。
なので、2~3回に分けてアップすることにします。


まずはGW前半、のんびりビブリンのお写真です。
e0038241_1152499.jpg
前半はとにかく好天に恵まれて、日中の体感温度は30度って感じ。それでも湿度が低くカラっとして、風は涼しく、コンディションは最高。
この時期はまだまだ昼と夜の寒暖差が大きくって、昼間はタンクトップで過ごしているのに、夕飯時には厚手のフリースを着てストーブを焚いて鍋をつつく、という夏と冬が12時間ごとに入れ替わるかのような温度差です。
そんなわけで、夏物から冬仕様まで、一番荷物が多かったりするのがちとメンドーだったりしまーす。

e0038241_1473436.jpg
西側のプライベート・リバー付きサイトに滞在。
日中、体がほてると自主的にクールダウンに行くノアリアンなのでした。

e0038241_1505381.jpg
ここにくると、なーんにもしません。サイト外へのお散歩もほとんど夫が行くから、私はサイトでヒッキー生活。本読んで、昼寝して、家族だけだとヒト飯もメチャ手抜きだし。9時には寝ちゃうし。
一番手をかける仕事が、ノアリアンのご飯作りだったりして。
[PR]

by cindy0818 | 2009-05-02 23:29 | アウトドア・キャンプ


<< GW中盤:にぎやかビブリ~ン。      ビタミン補給。 >>